ネットで話題の「ビッグフォレスト」のキャンプギア。人気の鉄板3種を実際に試してみた



記事内写真撮影:筆者

「ビッグフォレスト」のキャンプギアがネットで人気らしい



メーカーが思いもしない方向で人気を集めるギアは存在します。今回紹介する「ビッグフォレスト」もそんなブランドの一つ。特に「黒舟」と呼ばれる調理ギアは、ソロキャンパーの支持が高いんだとか!

なぜ人気が高いのか。実際にギアと合わせてみたり、調理してみたりしてその秘密を探ります。

そもそも「ビッグフォレスト」とは?

ビッグフォレストは、栃木県に拠点をおく「大森鋳造所」のオリジナルブランド。“鋳造”(ちゅうぞう)とは鋳物を製造することを指し、大森鋳造所は50年一筋で鋳物と向き合ってきたプロ集団です。

なぜ注目を集めたのか?人気の“黒舟”をくまなくチェック

ビッグフォレストは、定番「グリルプレート 黒舟」の2サイズ(MとL)と今年に新発売した「グリルプレート かるpan」の鉄板シリーズを販売。まずは、ビッグフォレストの顔とも言える黒舟から、その人気の理由を紐解きます。

その1:アルミ製の丈夫な素材



パッと見た感じでアイアン? と思う人もいると思いますが、実はこれアルミを鋳造した素材。表面に黒メタリックのテフロン加工を施しており、丈夫に作られています。

アルミの特徴である熱伝導率のよさ、軽量性はしっかりと備わっています。また、耐食性に優れていることもあり、濡れても錆びることがありません。

その2:大きめに作られた波状の焼き面



次にこの焼き面をよく見ると、表面が波状になっています。こちらの溝に食材から出た余分な油が落ちる構造になっていて、油分が多い食材をヘルシーに仕上げることが可能。

表面は前述したようにテフロンコーティングをされているので、洗剤で洗えば簡単に汚れを落とすころができます。肉や魚を食べたい人にはピッタリですね!

その3:脚付きで安定感抜群



裏を見ると、4本の脚が付いています。これにより、テーブルやゴトクの上で作る際にグラグラすることなく、安定させることができるのです。



ちなみに、黒舟にはハンドルが付いていて、そのまま持って移動させたり、中央のくぼみにトライポットやフックに引っかけて火から距離を置いたりすることができます。

その4:人気ギアとシンデレラフィット



ソロキャンパーの王道ギアとも非常に親和性が高く、これが一番のミソでしょう!

まずは笑‘sのコンパクト焚き火グリル「B-6君」。収納すると厚さ18mm、B6サイズに収まるとてもコンパクトな焚き火グリルで、ツーリングやバックパッカーでもラクに持ち運べることで人気の高いギアの一つです。



最初に黒舟のMサイズをB-6君の上に乗せてみました。見事にシンデレラフィット!



黒舟の脚がグリルの四方にキレイに収まり、ある程度揺らしてもズレることはありません。



次にLサイズを乗せてみました。こちらは残念ながらシンデレラフィットには至らず。



Mサイズは脚が収まっていましたが、Lサイズははみ出しています。しかし、グリルには載っているので、安定性はありませんが使えないわけではなさそうです。

<

div class=”sk-affiliate”>

ITEM



笑’s「B-6君」
●収納サイズ:約181×122×18mm

●組立サイズ:約215×122×165mm
●重量:約500g
●静止耐荷重:10kg
※火床の深さ:約7cm