米津玄師、マルファン症候群という病気だった



トピック 米津玄師は、今月23日にリリースされた「HIGHSNOBIETY」でのインタビューにおいて、自身がマルファン症候群であることを示唆している。マルファン症候群は難病に指定されており、難病情報センターによると、全身の結合組織の働きが体質的に変化していく病気。症状は一人ひとり異なり、米津は骨格の症状である、高身長・細く長い指・背骨が曲がる・胸の変形などといったものに当てはまると思われる。 マルファン症候群の骨格の症状は外見に表れるため、事務所が病気を考慮しマスコミが不意打ちに撮影した写真や動画の使用を禁止したという可能性も考えられる。しかし一方で米津自身は前掲インタビューにて、かつては自身の肉体・ボディラインを必要以上に洋服で隠そうとしてきたが、最近は「そもそもそういうふうに生まれてきたんなら、それでいいと思えるようになってきた」と語っており、これについて特段の気遣いを要していないかも […]

元記事:米津玄師、マルファン症候群という病気だった

/ 音楽がないと生きていけない系ヲタがまとめてみた

Source: 音楽がないと生きていけない系ヲタがまとめてみた
米津玄師、マルファン症候群という病気だった